Timeline-ja

/Timeline-ja

衛武資訊SCI國際期刊通過:「Integrated BIM, game engine and VR technologies for healthcare design: A case study in cancer hospital」

由北科大林祐正教授、永齡X-lab、衛武資訊等撰寫投稿國際期刊SCI之「Integrated BIM, game engine and VR technologies for healthcare design: A case study in cancer hospital」文章,日前已順利通過。案例係透過台大癌症醫學中心新建工程,衛武資訊整合BIM、遊戲引擎、VR等技術,應用於醫療照護的設計,進而建構出「醫用空間虛擬實境模擬研究平台」,讓醫護人員透過平台與建築設計人員溝通、雲端技術整合資料庫系統。   有興趣閱讀期刊內容,請至以下連結:請點我       延伸閱讀 | 【永齡X Lab x 衛武資訊WeBIM】The Next Generation of Hospital Design 延伸閱讀 | 【國內新聞】衛武資訊結合虛擬實境和 BIM 技術 直覺式溝通提升專案效率 延伸閱讀 |

By | 4月 3rd, 2018|Timeline-ja|0 コメント

衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)が日本のPLS株式会社からの招待により、東京にて発表する

2017年3月1日衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)は日本のPLS株式会社(PaperlessStudio Co., Ltd.)からの招待により、東京にてWeBIMサービスのBIM,AR、VRでの努力をシェアし発表しました。 https://www.paper-less-studio.net/?page_id=769

By | 3月 1st, 2017|Timeline-ja|0 コメント

日本の文部科学省よりBIM技術委員会が衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)を訪問

2016年8月26日、日本の文部科学省「成長分野等における中核的専門人材育成の戦略的推進事業」計画プロジェクトのBIM技術委員が衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)を訪問し、BIM専門領域での人材育成、教育推進交流会議を開催しました。   日本の文部科学省BIM技術委員は「日本のBIM専門領域での中核となる人材育成と養成は、学校の関連学科でのカリキュラムによる指導と設計、産業・政府と教育機関での講座の開催、学生に企業実習と考察を学ばせる等から、できうる限りすばやく産業に替わってBIM技術を持つ人材を準備することであり、現在の日本でのBIM人材育成と発展の重点です。」と述べています。 今回の交流とブリーフィングの終了後、日本の文部科学省BIM技術委員は次々と賛同の意を表し、また積極的に衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)の人材の任用、育成の方法と努力に対し、その意義を認めました。衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)の李孟崇社長は「BIMのプロフェッショナルな領域で中心となる人材は、BIM技術とA/E/C産業の知識と経験が必要なほか、さらに重要なのは学習する心を持ち続けることが必要です。」と述べています。 衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)は、引き続き学習し続ける精神を堅持し、新製品を開発し続け、よりよいサービスをお客様にご提供していきます。 <文章首圖來訪成員介紹> <文章の最初の写真の訪問メンバー紹介> 上列左から:山本 圭一氏(台湾蛭川金属有限公司)、渡辺秀樹氏(有限会社リノベイトダブリュ代表取締役)、林志明氏(Design Architect 空間デザイン主催者)、山野大星氏(日本工業院専門学校 副校長) 下列左から:小林猛氏(日本工学院八王子専門学校)、郭建志氏(台湾蛭川金属有限公司)、呉佳任氏(台湾蛭川金属有限公司)、勝目高行氏(ペーパレススタジオジャパン株式会社 社長)

By | 8月 26th, 2016|Timeline-ja|0 コメント

永齢Xlab × 衛武資訊株式会社(ウィビム サービス) – 台湾大学がん医療センターでの最先端医療のBIMでの統合と実践

全体的な検討のポイントは、革新的なコミュニケーションツールとフローの改善です。医療と看護スタッフが建築デザインスタッフとコミュニケーションをとることのできるプラットフォームで、建設スタッフのわからない医療について、医療と看護スタッフのわからない建築についての問題を改善し、双方への橋渡しとなります。 現行のBIMソフトウェアは、医療スタッフにとっては複雑すぎるものです。このためWeBIMサービスでは、永齢のプロフェッショナルな医療スタッフと、リクエストとフローについて絶え間なく討論し続け、優しくインタラクティブなインターフェイスへとカスタマイズしました。またクラウドテクノロジーを通して、スムーズにサーバーのデータベースシステムを統合し、国外の参加者すべてが、このプラットフォームを通して、建築デザインについて討論し意見を述べることができるようになりました。

By | 1月 22nd, 2016|Timeline-ja|0 コメント

Autodesk 中国区開発技術顧問チームの衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)訪問

衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)が自社にて研究開発したWeBIM Sync、WeBIM Cloud、WeBIM ArchViz等の製品は、品質だけでなく、応用フローまたはインターフェイスのデザインにおいても、中国AutoDesk開発技術顧問チームより高く評価されました。また衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)が、お客様のリクエストされる応用と統合の発展の方向性と、BIMソフトウェアを実行する効果と利益を向上させただけでなく、さらに企業での実行フローにより接近させるために尽力していることに同意しました。AutoDesk大中華エリア・ビジネスネットワーク市場開発の唐経理は「Autodeskの開発の成果の公表は厳格です。このため少数の研究開発能力を備えたユーザーの大多数が、すでにプロジェクトのリクエストにマッチしたAPIを自社開発しています。衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)の研究開発は成功例の1つです。」と述べています。

By | 1月 7th, 2016|Timeline-ja|0 コメント

WeBIM 台湾での特許証明書を取得

衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)初の台湾での特許証明書

By | 10月 28th, 2015|Timeline-ja|0 コメント

建国工程×衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)-実構築Tectonic Becoming 2014

双曲のアーチ型ガジュマル広場の鋼製表皮の表面によって「実構築 Tectonic Becoming」展覧会に参加しました。2m×5mのアーチ型スチール製表皮を切り取り、現場に吊り下げて実際の模型としました。バーチャルリアリティーのスクリーンとして、当社が本プロジェクトで使用したBIMテクノロジーを運用し、3つのインタラクティブな方式によるバーチャルリアリティーによる現場を作製しました。これにより観覧者の方々が高雄の衛武営事業の現地の雰囲気に直にその身を置いて、さらに本プロジェクトの工程計画、施工技術などの実行難度と、エンジニアの完成作品のプロフェッショナルなこだわりと努力を感じることが出来ます。

By | 7月 31st, 2014|Timeline-ja|0 コメント

衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)の設立

2013年11月「衛武資訊株式会社(ウィビム サービス)」を正式に設立しました。

By | 11月 1st, 2013|Timeline-ja|0 コメント

2013年度中国建築業ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)招待試合-最優秀協調及びデータ相互運用2等賞

建国工程は、衛武営芸術文化センターでの付帯工事と水道・電気・空調工事において、2013年度中国建築業ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)招待試合において、「最優秀協調及びデータ相互運用2等賞」を獲得し、台湾から参加したチームのなかで唯一の受賞チームとなりました。

By | 10月 25th, 2013|Timeline-ja|0 コメント

Design雑誌偶数月刊インタビュー

グローバル最優秀工程・港街での極限へのチャレンジ-衛武営芸術文化センター

By | 9月 22nd, 2013|Timeline-ja|0 コメント